本文へ移動
学校法人正雲寺学園 
正雲寺幼稚園

〒454-0945
愛知県名古屋市中川区下之一色町
西ノ切61-7
TEL:052-301-8023

【教育・保育事業】
正雲寺幼稚園
プラムの木保育園
【発電事業】
豊橋ソーラー発電所(50kw)
0
1
3
0
1
8

お知らせと新着情報

愛知県名古屋市中川区にある学校法人正雲寺学園正雲寺幼稚園です。
当園は幼稚園教育の基本に基づいて展開される幼児期にふさわしい、それぞれの時期に必要な教育内容を実施します。その中で一人ひとりの個性を大切に、心身共に健やかで、たくましく生きる力を大切にしていきます。
また、働くお母様のために、長期休業日期間中の預かり保育や日々の延長保育も行っています。
食育の面からも栄養のバランスのとれた給食を自園調理で提供しています。
正雲寺幼稚園では心身共にたくましく、「元気で思いやりのあるやさしい子」を育てていきます。

子育て支援「ちびっこクルクル」

子育て支援情報

愛着形成の段階
0から2歳ころは愛着を形成できる最初のチャンスで、「3つの基地」を作りながら愛着形成が進んでいきます。形成できていない場合のサインに気づけるようにしましょう。
①生後3日頃から5ヶ月頃
安全基地、安心基地を形成する準備段階
生後3日頃から子どもの心の中できち形成の準備が始まります。「いないいないば」など1体1のやりとりから関わってくれる人がいるという気づきが生まれ、「この人は自分をいい気持にさせてくれる」という体験がのちの基地形成に実を結びます。
②8ヶ月から12ヶ月頃
安全基地の形成
安全基地とは子どもが恐怖や不安から守られていると感じる場所です。この時期に子どもに人見知りが現れるのは「特定の人」を認識している証拠です。知らない人に会って恐怖や不安を感じた時に、特定の人が「大丈夫だよ」と守ることで、絆は強くなっていきます。※特定の人とは保護者に限らず子どもにとって愛着の関係を構築できる人のことです。
③1歳頃~
安心基地の形成
安心基地とはそこに行くとホッとする、落ち着ける場所です。安全基地に逃げた際、守ってくれた人に対して安心感を覚えることで、心の中で安心基地は作られいてきます。
探索基地の形成
探索基地とは自立行動が始まるこの時期に初めてすることに対して、「動きだすけどいい?」と確認でき、終わったら「戻ったよ」と報告できる場所です。この確認行動ができれば「3つの基地」が形成できていると言えるでしょう。

年間予定表

(2020-07-27 ・ 191KB)

園の一日と年間行事
保育内容
地域の皆様へ
各姉妹園のサイトはこちら
栄寿福祉会
わたつみ保育園
たかなし保育園
たかなしの森保育園
日向さくら保育園
土原の丘保育園
黒川ほのぼの保育園

各施設

プラムの木保育園
MarSolKidsClub
TOPへ戻る